タグ:本 ( 7 ) タグの人気記事

YOKOHAMA

e0067025_20221252.jpgクラブワールドカップがせまってまいりましたが、えええ、次々に出るMILAN関係の雑誌をまんまと買ってしまうのもいかがかと(苦笑)
各選手にいろんな「副題」が名づけられているんですけど、なぁんだか、どっかの民放みたいなノリですねぇ。。。
仕事が予想以上にせっぱつまってるので、結果的にはチケットとれなくてよかった(苦笑)

e0067025_2032184.jpg
文句なしのバロンドール受賞のカカ’、某雑誌のアルマーニの広告ページなんですけど、ううむ、、、こちらも文句なし。
C.ロナウドが2位ってのが、ちょと気にいらんのですが(苦笑)。
やっぱり、贔屓目にみてもピルロだろうぅぅぅ~! やっぱし、顔の地味さとスキャンダルがないのがアッピール度低し・・・か。。。

さぁて、放送が日テレっつーのがまた気に入らんのですが、消音状態でTVみよっか~とダンナと言ってます(笑)
マルディーニがカップを掲げるのを期待して♪♪♪
[PR]
by tamazo55 | 2007-12-05 20:39 | Sports

再加熱

e0067025_2163191.jpgアメリカから帰ってきてから、どうも体調がよろしくありません。。。
この1週間も微熱と頭痛で丸1日仕事休んだり、、、。

・・・あんなに米滞在中は元気だったのに・・・!?

いつもの慣れているはずの梅雨入りの湿気にやられたとはあまり考えたくないのですが(苦笑)。。。

と、こんなダルダルな私のために(かどうかはさだかではありませんが!?)ダンナが買ってきてくれました。


微熱気味のせいでもあるのでしょうが、ドアップで表紙だなんて、
うれしすぎてさらに熱発!


すごいよねぇ~、移籍金ゼロ、生涯ミラン だなんて。。。
チーム違うけど、トッティやデ・ロッシもそのままローマの兄弟船やってほしい(爆)
[PR]
by tamazo55 | 2007-06-15 21:15 | Sports

いかがなものか?(笑)

e0067025_228591.jpg最近サッカーにみはまってるもんですから、すっかり日ハムの日本一を見逃してしまいましたがな(苦笑)

いや、しかし、ミランのジラルディーノ君、やばいです。。。おでこの広さはこの際おいといたとしても、ぶつぶつ独りごちたり苦悩しているようで、今ダンナと2人で流行っている造語が

「ジラってる」
「ジラ入り」「本ジラ」

意味は
「ジラってる」=思い通りに事が運ばなくてちょっとつらい状態、決定力不足
「ジラ入り」=いわゆる「厄入り」のもじり
「本ジラ」=いわゆる「本厄」真っ最中(苦笑)

類語で「アドってる」はもちっと重症(苦笑)

・・・そんなことは置いといて、素人Tama蔵のために先日ダンナが買ってきてくれたのですが、この本、主要選手がカラー写真と簡単な紹介文で掲載されていて、まぁ見やすくはあるのです。
、 ちょっとその紹介文がウケを狙っているのか「なんでそっちに話をもっていく?」的なところもありで、プレーヤーとしての紹介を書いてやれよといいたくなる選手も何人か。。。(苦笑) カンビアッソとかモリエンテスとか。。。

例えばいつも笑かしてくれる大好きなピルロんですが、
地味な顔が災いしてか、これまでハイレベルな技量の割には、メディアにスター扱いされてこなかった選手だ。・・・(以下中略)」
ほっといたってんか!(爆)

マル様は「ミラン栄光の歴史の象徴」とか、やっぱかっこよくってムフムフなんですけど♪

・・・ま、そういう紹介文はともかく、この本の表紙を開いたところに「選手データの見方」があるのですが、見本がマテラッツィなんですね。
ま、そこまではいいんですよ、良くも悪くもW杯裏MVPの人ですから。

e0067025_2291985.jpg








e0067025_2293389.jpg

なんでこの写真なんだ!?(爆笑)

[PR]
by tamazo55 | 2006-10-26 22:50 | Sports

眠れる獅子は今目覚めた!?

e0067025_2324555.jpg・・・というタイトルにすると、ちょっと誤解を招くかもしれませんが、あえてこのタイトルに。

ダンナが「おもわず買ってしまったよ」といって手渡してくれたサッカー雑誌なんですが、
ごめん!一瞬「誰!?」と思っちゃったのよ(苦笑)
だって、
目がしっかり開いているんだもーん!(爆)

いやいや、W杯だけ(苦笑)のサッカーファンだった私が、目をつけていたイタリア代表MFピルロ(以下ピルロん)があそこまで活躍してくれてムフムフとは思っていたけれど、まさか表紙になるなんて、、、すごいねぇ~

いや、誤解を解くためにちゃんとフォローしておきますが、プレーの実力はもともとピカ一くんです。16歳でセリエAデビューだし、ACミランでの活躍は素晴らしい!(だから代表召集されてるんですけどね)。
体重がないため「使いようがない」と理解されなかった時期がね、、、でも今回のW杯を見ている限りでは「体力」はあるんですよね。(オシム・ジャパンでの「90分走りきる」というノルマは楽勝でしょう)
確かに守備はつらい。あたりに行ってるのに逆に弾き飛ばされるわ、倒されるわ、、、最近はこれがまた楽しみになってるんですけど(苦笑) 
e0067025_2325829.jpgこんなピルロんを助けているのがガッツ!
いや~、これ先月号なんですけど、やっぱり「思わず買っちゃった」んですよね(笑)
すごいね~、男気あふれていますがな。


以前も書きましたが、私はもともとP.マルディーニ様(以下マル様)が大好きなんですけど、当時はせいぜいBSしか契約してなくて、WOWOWとかそんな有料放送なんか不要だ!という実家に住んでいたので、じぇんじぇん見られなかったわけですよ。 
ちうことで、必然的に4年に1度の大舞台しかTVでみてないんですね。んで、みてもマル様らぶぅ~なので、他のチームの選手なんてアウトオブ眼中ってやつですしね。
んでもって日韓大会のとき早く敗退したでしょ、半分以上見る気なしでしたもんね(笑)(でも、ロナウジーニョが当時とっても楽しそうにプレーしていたのはものすごく印象に残ってる)
今回はもちろんマル様はもう代表ではないということもあって、イタリア全然予習していなかったんですね。&華の72年組(生まれ)がラストっちゅうことで、いろんな国を平等に観戦することができました。
しかし、こんなにイタリアにおもしろい選手が満載だったとは知らなかったぜ~!っちっ(笑)

ということで、普通はW杯が終わったらまた4年後~ってなぐあいになるんですけれど、今回はイタリアはもちろん各国にもたくさんのおもしろい(どういう理由だよ(苦笑))選手を見つけたので、まだまだサッカー熱がひかないんですよ。。。

ダンナ~!スカパーのチャンピョンズ・リーグがみたいよぉ~~!!!

それに、マル様は最後かもしれないし~~!セリエAもぉ~!!!

・・・とおねだりしてみる・・・(はい、我が家の財務大臣はダンナです・・・)
ついでにいうならセリエBのダイジェストなんかサービス放送してくれないかしら・・・


※「1周年記事」からずーーーっと更新していませんで(苦笑)、台風がきたりとかイベント(!?)はいろいろあったのですが、どうも時間がとれずに(いや、そんなに忙しいわけでもなく。。。) しょっぱなからのんびりやってしまいました。
ちうことで、夏休みのたまった宿題のごとく怒涛の更新を↓↓↓(苦笑)
[PR]
by tamazo55 | 2006-09-20 23:56 | Sports

『空の名前』

つめくさのあかりのanim-_-m様の記事「ほんとの空」からTB。

e0067025_2193923.jpg

何年前でしょうか、この本がベストセラーになったのは。
当時図書館関係の仕事をしていて、この本に一目ぼれしたのでした。

空や雲の写真ばかりでなく、季節の花、風景等もオールカラーでちりばめられ、そしてこの空や季節の移ろいを表現した言葉が「名前」として載っています。

気象学的な説明もちらとみせながら、名前の由来や短歌を引用するなど、雑学辞典としても役に立つ!?(笑)
自然の美しさ、偉大さ、そして柔軟に順応してきたよき日の人々を感じることができる本です。


  『空の名前』  高橋健司 (光琳社出版 / 初版 平成4年1月)
  『宙(ソラ)の名前』  林 完次 ( 〃   / 初版 平成7年8月)

  「名前シリーズ」第3弾として『色々な色』(近江源太郎監修)もあります。

いつのまに~!?
[PR]
by tamazo55 | 2005-10-14 21:17 | Book

『のだめ カンタービレ』

ここ何年か新しいマンガは全く読んでいなかったのですが、1年ほど前、ダンナのマブダチ
かっちゃんが「おもしろい!」と貸してくれたのがきっかけ。e0067025_23164722.jpg
最近雑誌や新聞に取り上げられて話題になってますが(笑)

楽譜が苦手で超自己流の演奏をする超天然ポケ天才ピアノ少女 野田 恵(通称のだめ)とそののだめの一途(?)なラブコールを受けている指揮者修行中の千秋 ”オレ様” 真一 を中心に展開するめっちゃコミカルなクラシック音楽漫画で、単行本のほうでは現在「パリ編」。
やっぱ、芸術家ってヘンな人個性的な人多いんだ~とみょーな納得をしてしまう(笑)
のだめの行動もおもしろいが、なんといっても発する言葉(?)がすごい。
「ぎゃぼー!」「むきゃー!」「はうぅ~っ」「ふおぉ~・・・」

ちゃんと、クラシックの知識も少し(!?)身につきます!

少女漫画なんてといっているアナタ!
この際偏見は捨てて、「もじゃもじゃ組曲」を奏でながら、のだめワールド「変態の森」へ~
♪☆\(^0^\) ♪(/^-^)/☆♪

・・・しかし、昨日とのこのギャップは・・・(^-^;)
[PR]
by tamazo55 | 2005-09-11 00:00 | Book

『MOTTAINAI』

e0067025_120953.jpg2004年ノーベル平和賞受賞者でケニア共和国環境副大臣のワンガリ・マータイさんが、地球環境を守る世界共通語としてうったえている日本語
   「もったいない」

先日mokurenさんのブログでも紹介されていた『美人の日本語』もですが、
言葉とともに良き日本人の心までなくなっていってしまっているような、そんな現代の日本を感じます。

で、西日本では唯一の開催だったMIHO MUSEUMでの「芹沢銈介展」に行く機会があったので、絶対「風呂敷」を買うぞー!っと決めていたのでした。
最終日近かったので、もうあんまり種類がなくて残念でしたが、いくつかget。

e0067025_1203744.jpgこれがまた、使いやすい!
衣類等をこれで包んで旅行バックに入れたら崩れないし、小さくたたんでしまえるので、かさばらないし。

この展覧会は9/3~10/16 米沢市上杉博物館にて開催されています。
[PR]
by tamazo55 | 2005-09-09 23:49 | Book