<   2005年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ヤバきのこ?

e0067025_23263449.jpg
[PR]
by tamazo55 | 2005-09-29 23:30 | etc.

『The Laughing Man』

先日アマゾンから届いたと書いたDVDです。

2002年からTVでシリーズ放送されていた(リアルタイムでは途中からしかみてないんですけど)『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』の1st.シリーズ全26話中の主ストーリーであった「笑い男事件」エピソードの総集編版です。

え~、アニメ~!?
e0067025_21111042.jpg
あなどるなかれ、これはただのアニメではないのだ~!この『攻殻機動隊』がなかったら、

『マトリックス』は生まれなかったのだ!

どういうことかというと・・・
[PR]
by tamazo55 | 2005-09-27 21:56 | TV

本日の購入CD

では、今回はダンナがトップバッターです。e0067025_20496100.jpg

ポール・マッカートニーの通算21作目『CHAOS AND CREATION IN THE BACKYARD』です。今回はプロデューサーにRADIOHEAD、BECKのナイジェル・ゴドリッチを迎え、ほとんどの楽器をポールが演奏しており、とても深みのあるアルバムとなっています。個人的には前作がイマイチだったので、今回はとても気に入っております。是非、一家に一枚はご購入をオススメします。特にB面(とゆうか6曲目以降)はとても素晴らしいです。

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの3作目『HOWL』はいままでのガレージサイケロック的な面よりも、フォークやブルース色が強くなっています。前作もとても素晴らしい作品だったのだけれど、世間ではいまいちの評価でバンド内でもいろいろとゴタゴタを抱えていたみたいです。若手バンドの中ではひいきにしているので、是非がんばっていただきたいと思ってます。

最後はしつこくアズテック・カメラの93年発表『DREAMLAND』です。ほしいと思いながら廃盤のため手に入らず、ずっと捜しておりましたが、ついに中古屋さんで発見しました。(やったね。)
今作はプロデューサーに坂本龍一教授をお迎えし、ピアノなども教授が演奏してます。まだあんまし聴きこんでいないのだけれど、美しいメロディとギターは素晴らしいです。耳当たりのいい音楽が聴きたいときには最適です。

e0067025_2130040.jpg央のきかんぼうさん、ありがとうございました。
渋いですね~。

では、ワタクシは、日本のメジャーどころでいきたいと思います(^-^)V

ベスト盤が次々と出ていますが、2種類ほど。

山崎まさよしのベストアルバム『BLUE PERIOD』(青)と『OUT OF THE BLUE』(黄)です。「セロリ」で一気に大物になりましたねぇ。ドラマに出たりとか(笑) 個人的には「水のない水槽」が大好きです。
好きなので買ったのです CD1枚あたりの収録時間が短い!!!
2枚組みの2種で計4枚なわけだけど、2枚組み1本でおさまるんじゃあ!?
となんかだまされた感じ(失笑)ま、いっけど(-_-;)

そして、赤塚不二夫氏をジャケットに起用するあたりがホントにセンスがよいRIP SLYMEのベストアルバム『GOOD JOB!』。(これは今日買ったわけじゃないけど(笑))
各メンバーのイラストカードでジャケットの着せ替えができます。
また、おまけDVDがクリップのメドレー編集してあります。リップのクリップは毎回斬新で楽しくって大好きなんです。
ラップはあんまり得意分野じゃないんですが、リップは好きですね~。
こちらは超お買い得でした(^-^)
[PR]
by tamazo55 | 2005-09-25 21:59 | Music

休日らしい休日

e0067025_21504730.jpg
[PR]
by tamazo55 | 2005-09-24 22:38 | Foods

2つの西海橋

e0067025_23185839.jpg
[PR]
by tamazo55 | 2005-09-23 00:02 | Nagasaki

秋はやっぱり・・・

e0067025_0384856.jpg
[PR]
by tamazo55 | 2005-09-22 01:11 | Foods

オススメ「レッチリ」

e0067025_22541813.jpg
ということで、RED HOT CHILI PEPPERSを。

って、cinephileさーん、買ってあげたのね~ さすが寛大な母!

『GREATEST HITS』(2003年)(左)は、いわずもながのベストアルバムですね。
『CALIFORNICATION』(1999年)(わぉ!90年代なんだ!)はジョン・フルシアンテ(g)の復帰作であるとともに、最強バンドの「復活」作ともいえる名盤。
内容は、結構まじめで暗いですが、サウンドを聴いたときには鳥肌たちました!

視覚的にはかなり「アホアホ」な彼らですが、許せる私は寛大かな~。「Can’t Stop」のクリップは大好きです。

ライブで全裸を許されているのは(いや、許されてはいないんだろうけれど)このレッチリのフリー(b)とザ・ハイロウズの甲本ヒロトさん(ザ・ブルーハーツといえば、わかる人も・・・もっというなら「リンダ・リンダ」の人ね)ぐらいでしょう・・・って。
[PR]
by tamazo55 | 2005-09-20 23:23 | Music

本日の購入CD

e0067025_2148692.jpg正確には昨日ですが(笑)。
ダンナがお買い上げ~。

BON JOVIの新譜『HAVE A NICE DAY』(左)と、何故か80年代の名盤AZTEC CAMERA『HIGH LAND、HARD RAIN』(右)

BON JOVIの新譜は、のっけっから「ボン・ジョヴィ節」炸裂でした。
で、なぜ今アズテック・カメラなのか?

では、ダンナ「おうのきかんぼう」さんよりウンチクを(笑)

なぜ今アズテック・カメラかと申しますと、「サマーソニック05」(ロックフェスです。)におきまして、ロディ・フレイム(アズテック・カメラの人です。)が出演されておりまして、アズテック・カメラの名曲の数々を演奏したと聞いて、とても聴きたくなりまして購入した次第です。
アズテック・カメラは80年代にネオアコ(ネオ・アコースティック)の若き旗手として活躍したバンドです。とても美しいメロディとアコースティックなサウンドで根強いファンも多くいらっしゃいます。なかでもこのアルバムは80年代の名盤として名高いアルバムで有名な曲を多く収録されております。是非一家に一枚はご購入をオススメします。
ちなみにこの次のアルバムの『ナイフ』はプロデューサーにダイアーストレイツのマーク・ノップラーを迎えたこれまたギターが美しいアルバムです。
[PR]
by tamazo55 | 2005-09-19 22:16 | Music

はげちょびれ~

e0067025_22425865.jpg
[PR]
by tamazo55 | 2005-09-15 23:02 | Our House

白いお粉

e0067025_22255263.jpg
[PR]
by tamazo55 | 2005-09-14 22:54 | Zakka(Goods)