「長崎時間」と路面電車

e0067025_23304065.jpg先日の脱線事故以来、「蛍茶屋→赤迫」が大波止経由(2号系統)になっていますが、今日仕事で大波止に用事があり、県庁坂登らなくていいわ~らっきぃ~♪と、この電車にのったのです。
しかし、車だったら10分とかからないこの距離、40分以上かかったよ(涙)
おかげさまで、約束の時間30分遅刻しました。

電車に乗るときは、
時間と心に余裕を。。。
遅れてもよかさ~、だって電車のすすまんとやもん

あああ、「長崎時間」(苦笑)
自分も長崎の人になってきたなぁと変に納得してみる(苦笑)

電車といえば、先日旅行したアメリカ・サンフランシスコで「ケーブルカー」に乗りました。
e0067025_23311195.jpg

e0067025_23314961.jpgどこかの山に登っていくのかと思っていたら、路面電車じゃん。
なぁんだ と最初思いましたが、ところがどっこい、
坂道を上ったり下ったりするとは!しかも下るときかなりのスピードで、ちょっとしたジェットコースター感覚を味わえます。
e0067025_23322262.jpg坂の町長崎でも、電車の路線は平地のみ。
こういう電車だったら、県庁坂経由とか市役所前経由とか走れるのにねぇ。。。(←坂を上りたくない運動不足Tama蔵の浅はかな願い(爆))

終点・始発地点で電車をUターンさせるのですが、人力で回すところがちょっとした「見せ場」になっています。
車体もレトロないいかんじで、観光客が皆シャッターを切ります。絵になるよね~
e0067025_23325145.jpg
でも、ガイドのMさん曰く、5年ほど前までは地元民の足だったのに、最近は観光として有名になって値段が上がった(涙) そうな。
そう考えると、長崎の電車は今だどこまでいっても100円ていうのはありがたいね。

このUP/DOWNを体感するために、もちろん外向き座席の手すりにつかまるのですが、これがまたスリル満点!
そして、この電車に乗る最大の見せ場、右手にシスコの町並みがきれいにみわたせ、そして前方正面にはアルカトラズ島が!

終点に着いて、フィッシャーマンズ・ワーフへ。
「集合はカニのオブジェ前で」とバスの中で言われたときには???でしたが、えええ、確かに迷っても聞きゃわかるポイントですね(笑)
e0067025_23331395.jpg
アメリカ版かに道楽!?(笑)

[PR]
by tamazo55 | 2007-07-13 23:27 | Myself
<< 続・編み物教室その3 本日の購入CD >>