カルトナージュ教室 体験教室その5

今回の教訓:「濃くて厚い無地は慣れてから」
e0067025_23305584.jpg

6月2日、HUAさんでのカルトナージュ教室、5回目の参加でした。今回のお題は「オーバル小箱」。
本当は使いたい柄物があったのですが、その裏地用にと買った紺色がちょっと色目が違ったので、逆にその生地を表に使ってみました。
濃い色はのりが滲みないように・・・ということは前回教わっていたのですが、無地は柄合わせしなくていいしぃと思って適当に切って貼ってから気づいた。。。
織りが「模様」だぁ!!!ツイル地だったんですねぇ。。。蓋と本体とで、ナナメ線が逆に。。。ぐっすん。。。
まぁ、この失敗が次に繋がると思えば~~(涙)
小さめの箱に分厚い生地だったので、ごろんごろんとしわが寄るわ、なかなか接着してくれないわetc.で、かなり大苦戦、出来栄えを気にする私でも、今回はさすがに「ええわ、もうぅ~」となげやりでした(苦笑)
ということで、表からみると、完璧なんですが(苦笑)、継ぎ目や裏っ側はぼろぼろです。。。
でもシンプルに仕上げたので、なんともいえないぽってり感で、愛着がわく一品となりました♪

・・・・・・次回はどうもスケジュールがあわないみたい・・・・・・(涙)
[PR]
by tamazo55 | 2007-06-04 23:50 | Cartonnage
<< ヘッドスライディング 一週間たってしまいましたが。。。 >>