もってこ~い寄席

e0067025_21432387.jpg今日は長崎もってこ~い落語の会主催の寄席に行ってきました。
この寄席は、席亭である前田さんという落語好きの人が長崎にもおもしろい落語を!ということで、ほぼ自前で開催されている寄席です。
ダンナの元上司Nさんが前田さんのお友達で、そのNさんから誘われて行ったのが始まりでした。

e0067025_2150256.jpgそれから回を重ねていくうちに、いつのまにやら私たち夫婦はスタッフになってました(笑)
スタッフといっても、ふつーのお客さんと同様ですから、木戸銭も同額払います。
来ていただく落語家さんも前田さんの人柄で来ている様なものですから、ギャラはお客さんの数次第。もちろん、前田さんは全然儲かるどころか自腹切ってます。
e0067025_2156713.jpgパンフレットも看板も手作り。
もちろん高座(舞台)も手作り。基礎部分は会場であるワシントンホテルさんが準備してくださるのですが、緋毛氈をひろげて「高座らしく」するのはけっこうワザものだったりします(笑)
後幕にかかっているのは「ハタ」と呼ばれる凧で、長崎名物です。これまで来た師匠方の名前がずらり。

e0067025_2294858.jpg下にかかるのが今回の師匠のハタです。(毎回どの師匠が並ぶかは前田さんが考えます。)
今回は「ボランティア気分の落語会Part.3」ということで、桂才賀師匠率いる「芸激隊」(げいげきたい)の3回目の落語会でした。

才賀師匠たちは少年院や刑務所を訪問し、無償で落語をやっています。もちろん交通費も自前。
今回も昨日長崎刑務所に慰問ということで、じゃあ、自分たちも何かお手伝いはできないか?と、翌日寄席をひらいて、集まった木戸銭を費用の足しにしてもらおう という前田さんの心で開かれた寄席でした。

とはいえ、今回も大所帯で、木戸銭3000円でいいの?というくらい充実した内容。

二つ目の三遊亭歌彦さん、太神楽曲芸の鏡味仙一師匠、三遊亭歌武蔵師匠、津軽三味線漫談の太田家元九郎師匠、そして桂才賀師匠。e0067025_22271323.jpg
特に、津軽三味線の元九郎師匠には、「もってこーい!」(アンコール!)の嵐で、アンコールに弾いたのが「コーヒールンバ」(爆笑)
才賀師匠はもちろん「もってこーい」でしたが、ダッシュで佐賀行きのJRに乗らないといけないということで、アンコールなしでした。ちょっと残念でしたが、こっちの寄席は「おまけ」だからね(笑)

で、今回はスタッフの打ち上げは隣の中華街でかるーくちゃんぽんと皿うどんを食べておひらき。

次回は11月27日(日)(場所:長崎ワシントンホテル/14:00開演)に「タイガー&ドラゴン」の題材となり、落語ブーム(?)の火付け役となった(・・・とちらしに書いてありますが・・・)春風亭昇太師匠の独演会(もう1人若手がくるらしい)となっています。
いってみたいなぁという方がいらっしゃいましたら、とりあえず鍵コメでいいので、こちらにコメント入れていただければ、前田さんの連絡先教えまする~!
[PR]
by tamazo55 | 2005-10-16 22:38 | Nagasaki
<< 新米! Ha-ha+展 >>