本日の購入CD

では、今回はダンナがトップバッターです。e0067025_20496100.jpg

ポール・マッカートニーの通算21作目『CHAOS AND CREATION IN THE BACKYARD』です。今回はプロデューサーにRADIOHEAD、BECKのナイジェル・ゴドリッチを迎え、ほとんどの楽器をポールが演奏しており、とても深みのあるアルバムとなっています。個人的には前作がイマイチだったので、今回はとても気に入っております。是非、一家に一枚はご購入をオススメします。特にB面(とゆうか6曲目以降)はとても素晴らしいです。

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの3作目『HOWL』はいままでのガレージサイケロック的な面よりも、フォークやブルース色が強くなっています。前作もとても素晴らしい作品だったのだけれど、世間ではいまいちの評価でバンド内でもいろいろとゴタゴタを抱えていたみたいです。若手バンドの中ではひいきにしているので、是非がんばっていただきたいと思ってます。

最後はしつこくアズテック・カメラの93年発表『DREAMLAND』です。ほしいと思いながら廃盤のため手に入らず、ずっと捜しておりましたが、ついに中古屋さんで発見しました。(やったね。)
今作はプロデューサーに坂本龍一教授をお迎えし、ピアノなども教授が演奏してます。まだあんまし聴きこんでいないのだけれど、美しいメロディとギターは素晴らしいです。耳当たりのいい音楽が聴きたいときには最適です。

e0067025_2130040.jpg央のきかんぼうさん、ありがとうございました。
渋いですね~。

では、ワタクシは、日本のメジャーどころでいきたいと思います(^-^)V

ベスト盤が次々と出ていますが、2種類ほど。

山崎まさよしのベストアルバム『BLUE PERIOD』(青)と『OUT OF THE BLUE』(黄)です。「セロリ」で一気に大物になりましたねぇ。ドラマに出たりとか(笑) 個人的には「水のない水槽」が大好きです。
好きなので買ったのです CD1枚あたりの収録時間が短い!!!
2枚組みの2種で計4枚なわけだけど、2枚組み1本でおさまるんじゃあ!?
となんかだまされた感じ(失笑)ま、いっけど(-_-;)

そして、赤塚不二夫氏をジャケットに起用するあたりがホントにセンスがよいRIP SLYMEのベストアルバム『GOOD JOB!』。(これは今日買ったわけじゃないけど(笑))
各メンバーのイラストカードでジャケットの着せ替えができます。
また、おまけDVDがクリップのメドレー編集してあります。リップのクリップは毎回斬新で楽しくって大好きなんです。
ラップはあんまり得意分野じゃないんですが、リップは好きですね~。
こちらは超お買い得でした(^-^)
[PR]
by tamazo55 | 2005-09-25 21:59 | Music
<< 『The Laughing Man』 休日らしい休日 >>